本文へ移動

イベント・研修情報(ボランティア関連)

開催報告

『自然災害におけるボランティア支援に関する協定』締結式を開催しました!

★調印後の記念撮影★
令和2年8月19日に、本会と、ライオンズクラブ国際協会335-C地区(奈良県、滋賀県、京都府のライオンズクラブで構成)は、「自然災害におけるボランティア支援に関する協定」を締結しました。

この協定により、奈良県内で地震や風水害など自然災害が発生し、災害ボランティア活動を展開する場合に、その支援拠点の整備、運営および活動に必要な資機材の提供など、ライオンズクラブ国際協会335-C地区会員の専門性を生かした支援をしていただくことになりました。
本会では、今後も本取り組みを含め、様々な社会課題の解決に向けた活動を支援してまいります。

『商品寄贈による社会福祉貢献活動 寄贈品に関する協定』締結式を開催しました!

★調印後の記念撮影★
去る令和元年11月13日に、本会、株式会社セブン-イレブン・ジャパン、奈良県の三者は、「商品寄贈による社会福祉貢献活動 寄贈品に関する協定」を締結しました。
 
本取り組みは、セブン-イレブン店舗での改装時等に発生する在庫商品の一部を本会へ寄贈いただき、市町村社会福祉協議会、社会福祉施設等への配分を通じて、地域における高齢者、障害者、子どもへの支援や生活に困難を抱えた個人・世帯への支援により地域福祉を推進していくことを目的としています。
 
三者は、今後も本取り組みを含め、様々な社会課題の解決に向けた活動を支援してまいります。
 
 
 
 

『災害時の相互支援活動に間する協定書』調印式を開催しました!

★調印後の記念撮影★
去る平成27年5月12日に、本会と県内38市町村社会福祉福祉協議会は、
「災害時の相互支援活動に関する協定」を締結しました。
 
従来から、県内社協では、自然災害発生時に、被災地域の社協と協働し
て、災害ボランティアセンターの運営や、被災地のニーズに応じた災害
ボランティアのコーディネートなどを中心とした救援活動を行ってきま
した。
 
この度、これまでの実績や経験をふまえ、今後起こりうる災害に備え、
県内社協が一丸となった被災地支援活動が行えるよう、「災害時の相互
支援活動に関する協定」を締結しました。
 
当日は、市部を代表して奈良市社協会長 福井様、町村部を代表して
天川村社協会長 大山様に代表調印をいただきました。
また、奈良県くらし創造部次長 吉田様、同協働推進課長 東様にも
ご臨席をいただきました。
 
本協定の締結を契機として、日頃からのネットワークを活かし、災害時
にもともに支え合えるまちづくりを進めてまいります。

災害ボランティア出前講座

令和2年度 災害ボランティア出前講座

近年、全国各地で災害が頻発し、甚大な被害が発生しています。
それぞれの被災地では、各地から駆けつける災害ボランティアが、復旧・復興に向けての大きな力と
なっており、被災者のニーズに応じた多様な支援活動が求められています。
本講座は、災害ボランティア活動についての理解を深めるとともに、

平時からの防災・減災ボランティア活動を通じた災害時にも支え合える地域づくりを推進することを目的に開催します。

【対象】

災害ボランティア活動や防災・減災活動に取り組み、又は取り組もうとする団体(奈良県内の高等学校・大学、企業・事業所、ボランティアグループ等)でおおむね10名以上の参加が見込まれること。
なお、企業・事業所の場合は、社会貢献活動の一環として行うものであること。

【期間】

令和元2年7月1日(水)~令和3年2月26日(金) / 1回あたり60分~90分程度
※新型コロナウイルスの影響により、開催日程について調整・相談する場合があります。

【会場】

各申し込み団体が指定する場所(奈良県内に限る)

【講師】

奈良県災害ボランティア登録者をはじめとした災害ボランティア活動、防災・減災活動の実践者
(申し込み時に各申込団体と相談させていただきます。)

【費用】

講師謝金・旅費については、社会福祉法人奈良県社会福祉協議会(以下、「県社協」という。)の規定に基づき、県社協が負担します。なお、会場代、会場設備代については、申込団体にて負担いただきます。

【申込】

申込書により開催希望日のおおむね1ヶ月前までにお申し込みください。
具体的な開催につき、後日、県社協より確認・調整のご連絡をいたします。

【内容】

<例>
1) 災害ボランティア活動について
  被災地での災害ボランティアの役割、実際の活動内容、活動への参加方法、心構え など 
2) 防災・減災ボランティア活動について
  平時における災害への備え、防災訓練の工夫、活動紹介 など

【申込・問合せ先】

社会福祉法人奈良県社会福祉協議会 総合ボランティアセンター (担当:田中・松尾) 
〒634-0061 橿原市大久保町320-11 県社会福祉総合センター2階
TEL:0744-29-0155 FAX:0744-26-0234 
nara-vc@nara-shakyo.jp

研修情報

ボランティア・市民活動シンポジウム【WEB視聴】開催のご案内(10月4日開催)

◆ボランティア・市民活動シンポジウムを開催します

(「広がれボランティアの輪」連絡会議/全国社会福祉協議会)

 

 2019年に創設25周年を迎えた「広がれボランティアの輪」連絡会議では、ボランティア・市民活動シンポジウムをWEBにより開催されます。

 現在、少子高齢化、生活困窮や社会的孤立、生活スタイルの変化や在留外国人の増加などによる地域の多様化、そして地球規模での環境問題への対応など、国内外で多くの課題が生じています。さらに、新型コロナウイルス感染症の世界的規模での拡大は、これまでの社会のあり方を問い、新たな社会を模索する動きに連なっています。

 そこで、これまでのボランティア・市民活動の歩みを振りかえるとともに、With コロナ、そしてAfter コロナにおける社会とボランティア・市民活動のあり方を展望します。ぜひWEBから視聴ください。

 

【日時】

2020年10月4日(日)13時~15時30分

 

【参加費】

無料(事前の視聴申込が必要です。申込締切10月1日(木))

 

【実施方法】

YouTube Liveによる生放送配信(事前申込者への限定配信)

 

【内容】

○開会あいさつ 上野谷加代子さん

(「広がれボランティアの輪」連絡会議会長/同志社大学名誉教授)

 

○記念講演 神野直彦さん(日本社会事業大学学長)

 「我が国の社会課題、コロナ禍での経済情勢や今後の動向をふまえたボランティア・市民活動について」

 

○シンポジウム

<シンポジスト>

・二村睦子さん(日本生活協同組合連合会 執行役員・組織推進本部長)

・長澤恵美子さん(日本経済団体連合会 SDGs本部統括主幹)

・永井美佳さん(大阪ボランティア協会 事務局長)

・梅澤稔さん(千代田区社協 地域協働課 課長)

 <コメンテーター>

・神野直彦さん(日本社会事業大学学長)

 <コーディネーター>

・原田正樹さん(「広がれボランティアの輪」連絡会議副会長/日本福祉大学副学長)

 

○閉会あいさつ 山崎美貴子さん

(「広がれボランティアの輪」連絡会議顧問/東京ボランティア・市民活動センター所長)

 

【詳細・視聴申込み】

事前の視聴申込みが必要です。詳細・視聴申込みは「広がれボランティアの輪」連絡会議ホームページをご覧ください。

https://www.hirogare.net/

令和元年台風19号被災地への災害ボランティアバス運行報告

台風19号被災地への災害ボランティアバスを運行しました。

 奈良県社会福祉協議会では、奈良県とともに令和元年台風19号による被災地への

災害ボランティアバスを運行しました。

 

【第1便】令和元年11月4日(月休)~7日(木)<活動地:福島県郡山市内 参加者:19名>
【第2便】令和元年11月11日(月)~14日(木)<活動地:福島県いわき市 参加者:17名>

【第3便】令和元年11月24日(日)~27日(水)<活動地:福島県いわき市 参加者:13名>


「災害ボランティアバス運行報告」詳細はこちらからご覧いただけます

0
0
4
2
6
1
社会福祉法人
奈良県社会福祉協議会

〒634-0061
奈良県橿原市大久保町320-11
TEL.0744-29-0100
FAX.0744-29-0101
Google

WWW を検索
 nara-shakyo.jp を検索
 
TOPへ戻る