奈良県社会福祉協議会のホームページへようこそ!

Google

WWW を検索
nara-shakyo.jp を検索
 
 

住民の支え合い情報(小地域福祉活動)

 
フォーム
 
第6回なら小地域福祉活動サミット2017を開催しました!
2017-09-21
ご参加ありがとうございました!
一昨日、「なら小地域福祉活動サミット2017-広がれ、こども食堂の輪!全国ツアーinなら」が無事終了いたしました。
過去最大の476名の参加者をお迎えし、たくさんの気づきを共有することができました。
皆様の地元の活動に、少しでもヒントや元気をお土産として持ち帰っていただければ幸いです。
来年も、ぜひお会いしましょう!!!
 
<トピックス①>
基調講演では、湯浅誠さん(社会活動家・法政大学教授)をお迎えし、「こどもを真ん中においた地域共生の未来」と題し、こども食堂の動きを始めとした各地の実践をひきながら、地域づくりの可能性について講演いただきました。
小地域福祉活動とこども食堂の共通項である「居場所」を4つの機能(①衣食住など暮らしが成り立つ要素があること、②多様な人や価値観と出会う体験ができること、③自分にかまってくれる時間があること、④何かあった時に相談や情報が得られるトラブル対応があること)で説かれ、参加者の多くが頷きました。「こどもが動くと、大人が動き出す」「しょうがねぇな、と嬉々として出番・役割を果たす」、担い手をどう確保するかに悩む活動団体さんにとっても大きなヒントになったとの感想が寄せられました。
 
<トピックス②>
午後からの分科会は、4つの会場に分かれ、日頃の課題や関心事に沿ったテーマを深めました。
 
<トピックス③>
サミット終了後には、「奈良こども食堂ネットワーク設立式」を執り行いました。
ネットワークには、県内のこども食堂30団体とサポーター5団体(平成29年9月現在)とが参画し、実践交流や啓発を進めていく予定です。
 
 

住民支え合い活動 イベント情報

住民支え合い活動 イベント情報
2017-09-21 町内・集落福祉全国サミットin淡路市ご案内(11/25-11/26)
2017-09-21 全国校区・小地域福祉活動サミットin日光のご案内(11/30-12/1)
 

奈良県生活支援サービス・活動連絡会(入会受付中)

奈良県生活支援サービス・活動連絡会(入会受付中)
 
つながりを基盤に、お互い様で助け合う生活支援の実践。
支え合い・助け合い活動(サロン・見守り・配食・外出買い物支援等)に携わる県内の活動者・関係者が、互いの実践を学び合うゆるやかなネットワークをめざし、標記連絡会が発足しました。
今後、学習会や情報交換を進めていく予定です。
★入会は随時受け付けていますので、ぜひご検討ください!!!
 
 

生活支援サービス・活動連絡会WEB申込み画面

生活支援サービス・活動連絡会WEB申込み画面
 
         
 

小地域福祉活動って何?

小地域福祉活動って何?
 
住民にとって身近でなじみのある日常生活圏域(自治会や小学校区などの徒歩エリア)で 身近な地域で住民が主体となった福祉活動をさします。
暮らしの困りごとの解決をめざし、サロン活動や見守り活動、生活上の簡単な手助けを行う生活支援活動(助け合い)などが広がっています。

○少子高齢化や世帯の単身化により、社会全体の孤立化が広がるなか、「暮らしのセーフティネット」として「地域のつながりづくり」が大切なテーマになっています。
○身近な地域で住民が支え合う「小地域福祉活動」は、地域のつながりを強めていくうえで、とても有効な取り組みです。
○小地域福祉活動の推進は、地域の日頃のつながりを基盤としているため、「災害時にひとりでも多くの命を守るための対策(災害時要援護者支援)」「住み慣れた地域で自分らしく暮らすためのケアの仕組み(地域ケアシステム)」にもつながります。
○このような取り組みを通じて、「地域住民が力を合わせて問題を解決する力(地域の福祉力)」や、「暮らしをつくる力(地域の自治力)」が高まり、まちづくりにつながる活動です。
 

活動の手引き

活動の手引き
  2012-03-30 小地域福祉活動の発展への推進方策
 

支え合い活動実践例

支え合い活動実践例
                 
<<社会福祉法人 奈良県社会福祉協議会>> 〒634-0061 奈良県橿原市大久保町320-11 TEL:0744-29-0100 FAX:0744-29-0101